Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

春の便り from Bach Centre

今、バッチセンターはレメディの母液作りの季節到来のようです。

3月のバッチセンターのHPに、ステファン・ボールが書いていますので、
紹介します。http://www.bachcentre.com/

英国にはすでに春が訪れ、
Mt.バーノンの庭では今もレメディ作りが続いていますが、
頭の中はこの作業のことで一杯です。
晴れた日の午前中には、センターに来てその進み具合をチェックしています。

いつ、花を浮かべたボールを戸外に置いたり、
鍋を外に出してあら熱をとるのかはわかりませんが、
センターに立ち寄った時、もしも外に何も出ていなかったら、
家の中をのぞいてショップに声をかけてください!


そして
オレアの昨年のクリスマス勉強会の様子も写真入りで
A Bach Christmas in Japanとして紹介してありますので、
みなさま、そして特に参加してくださった方々は、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!
こちらは3月3日の記事です。
http://www.bachcentre.com/other/news/20120303.htm

当日のミニ・コンサルテーションは、ステファンも興味を持ったようで
「聞き手役はプラクティショナーがなりますが、
話し手役は希望者は誰でもなれるようにしました。
というのは、プラクティショナーになってまだ日の浅い人もいますから
話を聞いてもらうのはどんな感じなのか、
体験したいという人も大勢いるからです。」
という部分を特に、アップしてありました。

話す体験も、けっきょくは傾聴の学びとなる、、といいたかったので
そこのところを、くみとっていただけたみたいです。

これからも、私たちの学びは続きますので、
勉強会&お茶会に参加できなくても、
オレアのブログで、
バッチの情報をちょこっと、アップデートしてくださいね。

バッチホリスティック研究会のHPもどうぞよろしく。





By;N




別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<3月(2012年)のお茶会報告 | Olea Flora | 傾聴に関する本>>

この記事のコメント

 ブログ拝見させていただいております。ありがとうございます。
 悩みがあって誰かに話すうちに苦悩が整理されたり、打ち明けるだけでも気持ちが軽くなった経験を結構してきた気がします。相手に話を聞いてもらうということは癒しの効果がありそうですね。
 私も傾聴について理解を深めていきたいものです。
 
2012-03-23 Fri 17:08 | URL | 武智昭洋 #2svZrEBc[ 内容変更] | top↑
武智さま、お久しぶりですね。
コメントありがとうございます。
傾聴の世界を知りだすと、どんどんはまっていきそうです。

2012-03-24 Sat 17:11 | URL | オレアフローラ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |