Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

11月のお茶会報告(2011年)

今回は、初参加の方がお二人!
積極的な告知をしているとはいえない(反省)オレアのお茶会としては
新しい方をお迎えできてとっても嬉しい気持ちです。
また、今回の参加で5回出席にリーチのかかった常連さまもいらして
これまたありがたいなぁ、さらに充実した会にせねば・・・と
心新たに思うメンバー一同でした。

さて、今回の内容は
● 自己紹介&ニュース 
10/30に仙台で行われたバッチのシンポジウム報告
(当ブログでの報告記事はこちら
● 恒例のなんでもQ&A
いくつか紹介すると・・・
①動物に使うためにレスキューレメディでローションを作りたいが、その際の基材や使用頻度について。
レスキュークリームを使う場合の用法や頻度など。
②勧めにくいと感じるレメディについて
③レベル3に関するいくつかの質問

②と③について少しシェアします。
勧めにくいレメディがある場合には、レメディの指標理解を深め身近なものにすること、相手の受け取りやすい表現をするというような技術的な側面がある一方で、勧めにくいと感じるレメディについての自分の感情を見つめ、未解決な問題に取り組む必要があるのではないかといった話が出ました。

これからレベル3受講を考えている方が感じている不安については、すでに受講された先輩の体験談やオレアメンバーからのアドバイスがあり、当初の心配はやる気に変わったようでした!安心してファイトです♪

● ティータイム
今回は、クリスマス使用のかわいいチョコや焼き菓子と紅茶でした。
写真を撮り忘れてしまい、ご紹介できず失敗です・・・
あと、会の開始時には、レモングラス・ペパーミント・アップルミントのフレッシュハーブティも。
美味しかったです☆

● カテゴリー別「不安と恐れ」
先月でカテゴリ別の勉強が最後までいき、また最初のカテゴリーに戻ってきました。
今回は、バッチ博士の著書「トゥエルブヒーラーとその他のレメディ」を読んで、各レメディの持つ質について話しあいました。人によって微妙なニュアンスの違いを感じ取ることが興味深く互いに刺激になりましたね。

● ケースを用いた練習問題
文章にある情報から確実に選べるレメディと可能性を感じるレメディを挙げてもらいながら全員でディスカッションしました。具体的なやり取りは挙げませんが、複数人でやることで各自がレメディへの理解に偏りがないか、選ぶうえでのクセがあるかなどに気づきとても有益な練習だと全員が感じることが出来ました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
次回以降もお待ちしています!

別窓 | ご報告 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<12月クリスマス会のご案内 | Olea Flora | 今週末のお茶会>>

この記事のコメント

27日はちょうどバッチ博士の命日でしたね。そんな日にバッチフラワーについて学ぶ会がもてたことは博士も喜んでいらっしゃったことでしょう。
2011-11-28 Mon 20:32 | URL | chiko #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |