Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

刹那覚えず、といへども、、、あっという間に6月に!

6月になりましたね。
今年は梅雨入りの声も、まもなくだそうです。

         thPLUGU1FJ.jpg


もう6月、まだ6月、人それぞれ感じ方は違うかもしれませんが、
大方のひとは、
あっという間に今年も半分近くたってしまったぁー!
というところではないでしょうか? 

      thCFJZUDCE.jpg

吉田兼好さんは徒然草の中で、こんなことを言っています。

「刹那覚えずといえども
 これを運びてやまざれば
  命終ふる期、たちまちになる。」 (徒然草108段)

刹那、というのは、目にもとまらないような早くて細やかな時間の繋がり、
のことだそうですから、
ボーッとして一日を過ごしても、
忙しくたち働いていてその日を終えても
あっという間に、一生の時間がすぎてしまいますよ!!
ということなのです。

今日、この瞬間の積み重ねが、将来の自分、未来の自分。
ならば、
毎日を丁寧に、積み重ねていきたいものです。
と思いつつ、現実はなかなか。。

とはいえ、
人間だけが言語を介してコミュニケーションをする動物、と言われていますから
せっかくその人間に生まれたからには、
目の前の人との、今ここぞ!の「刹那」のコミュニケーション
大切にしてすごしたい、、と思います。

そして、
目の前にいる、ご縁ある人を大切にすることは
その人に向き合っている自分自身をも大切にすること。

自分を愛さず、自分のことを認められない人は
人の良い点も受け止められない、、
「傾聴」を学ぶ過程で
しつこく、しつこく聞かされることです。

今週日曜の傾聴スキルのセミナーでは
まず、自分を褒めてやること、
そして、相手に感謝し、心から褒められる自分であること。
そのあたりから、始めたいと思っています。

これができていないと、
家庭も、組織も、グループも、どんな小さな集まりでも
円滑には発展しませんから。

バッチフラワーレメディをこのように送り出したバッチ博士も
その著書の中で
これと同じことを私たちに語りかけています


NY

【オレアフローラの催し物のご案内】

「心で寄り添う傾聴セミナー」

◆日時: 6月4日(日) 
◆場所: 横浜市民活動支援センター(4階セミナールーム)
     横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらいクリーンセンタービル4階
     最寄駅はJR,横浜市営地下鉄、桜木町駅徒歩7分
     または、みなとみらい線、みなとみらい駅徒歩10分  
◇第1部 10:00~12:00 (受け付け開始 9::50~)          
     「心で寄り添う傾聴スキルセミナー」
     ・押さえておきたい必須の基本スキル講義、と確認実践ワーク 。   ・

     【講師】安井希美 
         産業カウンセラー、
         日本メンタルアップ支援機構認定メンタルアップマネージャー®2級
         Dr.E・バッチ財団登録BFRP、国際教育プログラム認定講師

 ◇第2部 13:30~16:45
     「コンサルテーション実習」 対面実習(3人ワーク)
    ・実習後は、疑問点などをシェアしながらバッチのシステム全体への理解を深めます。 

◆費用:第一部 3000円 第二部 5000円
一部二部通してのお申し込みは、7000円
    (お茶とお菓子をご用意しています。)
◆対象: 第1部 どなたでも参加可 /  第2部 レベル2修了以上
◆定員: 第2部のみ,限定9名の定員制とさせていただきます。

◆キャンセルポリシー
お申し込み後、ご都合により参加を取りやめる場合は、前日のお昼12:00までにご連絡ください。
これ以降のご連絡は、キャンセル料として参加費の100%を頂戴します。
       
◆その他
お昼は、各自ご用意ください。トリートメントボトルの作成はありません。

【お申込み方法】
①氏名 ②住所 ③PCアドレス ③連絡先携帯番号 ③BIEP受講レベル ④参加希望
上記内容を明記してメールにてお申込みください。
お申し込み先 oleaflora@gmail.com


6月25日(日) 
●バッチフラワーレメディ入門セミナー
●バッチショートコンサルテーション

詳細は前回のブログからご覧ください。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<傾聴とコンサルテーションスキルアップセミナー、終了しました! | Olea Flora | バッチフラワー入門&体験セミナーのご案内>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |