Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

「とるに足らないもの!という名前のお菓子」でお待ちしています!

今年もあと1か月と少々、となりましたね。
このまま駆け抜けそうな人も、ゆっくりと踏みしめてきた人も、
そろそろ年末のせわしない足音が聞こえ始めている頃でしょうか。

ゆっくり歩み続けて5周年を迎えたオレアフローラも、
11月29日(日)バッチ博士のトリビアセミナー
そして12月12日(土)勉強会とポマンダーづくりのクリスマス企画、、
と、年末にむけて楽しみな行事が続きます。

すでにお申し込みもいただいていますが、トリビア当日召し上がっていただくお菓子
について、ちょっとお話させてくださいね。
          サリーラン

英国のクリスマスのお菓子はクリスマスプディングが有名ですが、
秋頃から仕込みに入らなければならず、作るのに相当な気力と忍耐力を要しますから、
よほどのこだわりがある人以外は買ってすます人も多いでしょう。

それよりも、あとちょっと気楽に作れる、日本でも人気のデザート、トライフル
がポピュラーです。
           トライフル
      
クリスマスやニューイヤーズイブ、イースター・サンデーなどの旗日
誕生日、大切な集まりの日によく登場する英国人が大好きなデザート!です。
トライフル(trifle) = ほんの些細な、つまらないもの
という名前は、英国流のご謙遜。
デビルスケーキ、ブラック・フォーレスト・ガトー、ターキッシュ・デライトなど
摩訶不思議な名前の甘いデザートに目がない英国人ならではのウィットのネーミングですね。

土台となるカスタードとスポンジケーキ層以外の、ゼリーの層と果物の層には家庭ごとに強いこだわりが!
緑のミントのジェロー赤のラズベリーのジェローで地盤をさらに強化したり、頭がクラクラするほどの大量のシェリー酒を注いだり!
の、こだわりの逸品は、いつ思い出しても懐かしいデザートです。

以前のオレアのクリスマス会にも何度か登場していますが、バッチ博士のトリビアセミナーでは、サリー州でお隣に住んでいたビー&ジェナリーンという独身老姉妹から教えてもらった秘蔵のレセピを甘さ控えめに多少アレンジし、今や我が家の定番となっているこの「とるに足らないささいなもの」を、
皆様に少しづつですが味わっていただけたら、と思っています

バッチ博士も、かならずや、口にしたはず!のトライフル!
とオーブンの香リ香ばしいビスケットでお茶の時間を盛り上げます。
トリビアセミナーの中身はもちろん、こちらも楽しみにいらしてください!!
        ビスケット

NY記

バッチ博士のトリビアセミナーは11月29日(日)
http://oleaflora.blog114.fc2.com/blog-entry-265.html 「5周年特別企画のお知らせ」
クリスマス企画の勉強会&ポマンダーづくりは12月12日(日)
http://oleaflora.blog114.fc2.com/blog-entry-271.html「12月のクリスマス企画」
で詳細をご覧のうえ、お申し込みください。
☆メールはここをクリック☆
お待ちしています。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<バッチ博士とハーレーSt. | Olea Flora | 12月のクリスマス企画勉強会のお知らせ!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |