Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

鹿児島でのお茶会

7月6日の金曜日、鹿児島で初めてのオレアのお茶会をしました。
鹿児島でもできるといいなとは思っていましたが、こんなに早く実現するなんて!
なんでも口に出してみるものですね(^^)

オレアフローラは通常4人で運営していますが、
今回の鹿児島は、別の用事もあった安井とさくまの二人で行ってきました。

会場はBIEPコースをいつも開催している天文館にあるコルテーヌさんです。
平日の昼間なのでどのくらいの方が参加してくださるのかわかりませんでしたが、
なんと11名の方のお申込みがありました。

参加者の内訳は 
レベル1終了    1名
レベル2修了    2名
レベル3受講中   6名
レベル3終了    1名
プラクティショナー 1名です。

福岡からご参加の方もいらっしゃいました!

内容としては、いつものように質問コーナー、ケーススタディなどを考えていましたが、今回はほとんどが『なんでもQ&A』となりました。昨年11月に鹿児島で初めてのレベル3が開講され、今ケーススタディに取り組んでいる方も多く、ほかの人に使ってもらう中での疑問も多かったようです。

質問の一部をご紹介しますと、

1.トリートメントボトルを作って飲んでいるが、別の感情が湧き上がってきたときには単体でストックボトルから選んで飲んでいる。その数が多くなっている時、トリートメントボトルはどのようにしたらよいのか?

2.好転反応、ヒーリングリアクションに関する内容も複数の方からありました。
飲んだ後よくない夢を見た、飲んだ後違和感がある、飲み始めて朝起きたときになんかいやな気分がする、落ち着きたくてレスキューを飲んだのに、よけいにドキドキする、飲んだら湿疹ができたなど。このような場合の対応の仕方は?

3.家にいるときの自分と外にいるときの自分が違う。その点が気になるとき、家用と外用の二つのトリートメントボトルを作る必要があるか?

4.傾聴の仕方について

5.ウォーターバイオレットタイプはそういう自分が気に入っているように思う。ウォーターバイオレットの人がウォーターバイオレットを飲むのはどういうときなのか? etc.

この件では余談として、欧米人にはウォーターバイオレットタイプが多く、日本人にはアグリモニータイプが多いように思う。これは狩猟民族と農耕民族の違いもあるのではないか、なとの話も出ました。

予定していた3時間はあっという間に過ぎてしまい、皆さんに感想を言っていただき終了しました。
ご参加くださった皆様、また開催に協力してくださった黒木様には本当に感謝です。有難うございました!

これからも同じバッチを学ぶ旅の仲間として一緒に自分探しの旅を続けていきましょう。


お茶会の様子↓
P1050039a.jpg

ティータイムは東京から持参のお菓子と共に↓
P1050038.jpg

最後に記念撮影を皆さんと一緒にパチリ↓
P1050042a.jpg

By S


別窓 | ご報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<BFRP懇親会報告 | Olea Flora | 懇親会お申し込み状況>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |