Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

6月のお茶会のご報告

昨日は横浜でオレアフローラのお茶会がありました。

桜木町で降りると、やはり海の匂いがしてきます。
夏らしくいい感じですね~

参加者の中に千葉からご参加の歌手のゆずのファンの方がいらっしゃいました。
私は知りませんでしたが、横浜はゆずの出身地だそうで
横浜までは遠いけど、いろいろ思い出があるので来るだけでもわくわくするとのこと。
オレアからゆずに感謝ですね!

さて今回の内容ですがいつものQ&Aは

1.一日4滴、4回というが、ペットボトルに一日分の16滴を入れて飲んでもいいと書いてあるのは、16滴という量が大切なのか、それとも4回という回数が大切なのかがわからない。

2.トリートメントボトルに7種類まで入れてもよいといわれているが、少ないほうが効果を感じやすいように思う、また相談者にとっては、沢山いれたほうがお得な感じがあるように言われる。その点はどういうように説明すればよいのか。

3.レベル3のケーススタディをしていて、レメディによる変化なのか、それとも傾聴による変化なのかわからない。

4.BIEPでは植物の説明があまりないが、植物の形態とレメディの意味の関連性はどうなのか?

5.スクレランサスの使い方がよくわからない。車酔いとか船酔いにも使えるというが
感情に対して使うバッチレメディなのに、なぜ症状に対してここでは使われるのか?

以上のような質問が出ました。

スクレランサスについては、ワイルドオートとの違いなどを皆で考えながら、
かつてのニュースレターの例で、
週末にヨットに乗るのが好きなご主人をもつ妻が、船酔いが激しいので乗れなかったが
セッションを受けて、いつも迷っている自分に対してスクレランサスを飲んだら、
船酔いもなくなったという話を紹介しました。
参加者からは、自分が車の運転をしているときには酔わないけど、隣に座っているときには酔うことがある。
自分の意志で進んでいるときには酔わないのではないか、という話が出て、一同納得しました。


そしてティータイムをはさみケーススタディをやりました。
可能性のあるレメディを選ぶだけではなく、メインになるレメディをつかむという勉強をしました。

ただ、うっかりカテゴリー別のレメディをするのを忘れていて、気づいたら終了時間になってしまいました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!



お茶の時間に頂いたハーブティーです↓エキナセア、フィーバーフュー、レモングラス、レモンバーム、アップルミント、スペアミントの6種類 見るだけで爽やかな気分になりますね!

2012063013290000_20120701173101.jpg


By S






別窓 | ご報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<懇親会お申し込み状況 | Olea Flora | プラクティショナー懇親会のお知らせ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |