Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

5月のお茶会報告

バラの美しい季節になりました。
駅に向かう途中、毎年きれいにバラを咲かせている家があり歩く人を楽しませてくれています(^^)

そしてこのさわやかな五月晴れの中、昨日麹町区民館で勉強会をいたしました。
キャンセルの方も数名いらしたため、今回の出席者は少なかったのですが
BIEPコースの受講生でない方のご参加もあり、密度の濃い3時間となったと思います。

お茶会の内容ですが、
いつものQ&Aはレメディの指標よりも実際にレメディを使っていく上での質問が多かったです。
そんな中で、トリートメントボトルで作るときにはなぜ7種類なのか意味がわからないというご質問がありました。この件ですが、8種類飲んだら絶対にダメというわけではなく、バッチ博士がいろいろ試した結果、7種類ならばそれぞれのレメディによる変化を感じる取ることができるということで、バッチセンターのガイドラインとして皆様にお伝えしています。

そして今まではカテゴリー別にレメディの指標を確認したり、体験をシェアしたりしてましたが、
今回からはもう少ししっかりレメディに取り組む時間とすることにし、まず最初は「クラブアップル」「エルム」「ラーチ」の3つについて考えてみました。
さまざまな角度からレメディを見ることで立体的にレメディを感じていただければ嬉しいです。

最後はケーススタディを一つしました。
やり方は
1.文章を読んですぐに浮かぶレメディを挙げてもらう
2.それらから本当に必要なものを絞り込んでいくときに何が必要か?
3.相談者の話のどこにポイントをおいたらいいか。
4.非言語の部分から考えられるレメディがあるが、相談者自身の言葉には直接証拠となるものが出ないとき、聞き手はどうするか?

ケーススタディでは、ただ必要なレメディを考えるだけでなく、実際のコンサルテーションに役に立つように、実践的な内容にしていければと思っています。


今回ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
毎回私たちもとても勉強になっています。

次回のお茶会はは6月30日(土) 横浜会場になります。
皆様、ふるってご参加くださいね!お待ちしております。。


↓はカナダの知人が送ってくれたクラブアップルの写真です。今が満開だそう。
今日のレメディにもありましたが、この木のしたで瞑想をしたら、本当に浄化できそうですね!!

Malus Baccata (Siberian Crab Apple) v11, f2 - 19Q



By S







別窓 | ご報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6月のお茶会は横浜です。 | Olea Flora | 傾聴ボランティア講座にいってきました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Olea Flora |