Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

今年も勉強会スタート

あっという間に2月になりますね。
遅ればせながら、今日は2015年の第一回オレア勉強会!
BIEPの各レベルの方が混ざった楽しいメンバーとなりました。
初参加あり、お久しぶりのお顔あり、とっても嬉しいスタートです。

2015-1-31
今回の会場は、渋谷のウィメンズプラザ!
表参道駅からすぐなのでアクセスもバッチリ。

2015-1-31
バッチフラワーによって繋がったご縁。ありがたい出会いばかり!
みなさんからシェアされたお話から、ほーーっ!と思わず唸るような気づきやヒントがいっぱい。


オレアフローラ名物「なんでもQ&A」
いくつかの質問が出た中からひとつ、ここでお伝えしますね。

Q:「バッチの花療法」という本の中に書かれていた文章について。
『それまでに使用したレメディが効果を生まないときや、いろいろな感情があってどれがより重要か見分けにくい(レメディの選択を七種以内に絞れない)ときにホリーかワイルドオートを使ってみるとよい』といった主旨の内容があったが、どういったことかよくわからない。

A:この時の二つのレメディは、本来の指標とは別に“カタリスト(触媒)”として働きます。

上記にあるような状態で使うとされていますが、「効果が感じられない」「あれもこれも必要に思えてレメディが選べない」からといってすぐにこの方法を試すのではなく、次のようなチェックをしてみてください。

①変化がないと思う場合、レメディの用法や用量を守っているかチェック
(守っているが、変化への大きな期待があって、穏やかな変化に気づけていないということも)

②適切なレメディが選ばれているか再考する。
例1)運転中イラついてしかたがない。
早くスムースに目的地に到着したいのに、渋滞や信号待ちなどで思うように進まないときのような焦り。待っていられないイライラならインパチエンス
他のドライバーや歩行者の動き(マナーや技術など)が目につき、批判的な言葉が口をつくようなイライラならビーチ

例2)感情的に切れてしまって爆発!
怒りや嫉妬、相手への強い猜疑心といった攻撃的な感情には、ホリー
自分の内側で起きていることを自制できなくなることを恐れていたり、発作的に何かしてしまうならチェリープラム

各例に対するレメディの可能性は、挙げたもの以外にもあると思いますが、ようするに指標理解と相談者から十分に話が聞けているか(自分自身に選ぶなら自己との対話)という点が、適切なレメディ選びにたどりつく重要ポイント!バッチ財団登録プラクティショナーは、「対話を重視」してレメディを選ぶわけなので、アクティブリスニングが上手く行われていれば、おのずと感情は整理され必要なレメディが浮かぶはず。
それでも、やっぱり感情や性質が掴みきれない!変化が全く感じられない!のでくのであればカタリストという方法を思い出せばよいでしょう。

カタリストについては、バッチ国際教育プログラムのレベル1授業でも以前伝えていた内容ですが、現在はご質問がなければ特に触れません。知識や使用経験の浅い段階で、安易にこの方法に流れず丁寧に感情を見つめる(感情の原因を深掘りするにではなく認識している感情のニュアンスを細かくみていく)ことを先にしていただきたいと願います。プラクティショナーは、自分がこの方法を用いることはなくても知識として知っておくことは必要ですので、もし記憶にないな……という方がいらしたら既出の書籍や当記事を参考に再度理解しておいてくださいね。

2015-1-31teatime
ティータイム
山盛りお菓子(^^)てっぺんに乗っているには、
お料理上手なオレアメンバー安井さんの手作りスィーツ「マシュマロシリアルバー」
あまりに美味しくレシピを教えていただきました!

そして後半は、今年の自分の目標について全員が発表。
それを成功させるために、役立ちそうなレメディを考えてみました。自分でよくわからないことも、仲間に聞いてもらうことでヒントが出たり再確認できたこともあり、よい時間になりました。

オレアフローラは、今年も通常の勉強会、センスアップセミナーやその他企画を継続!
センスアップセミナーについては、講師として参加してくださる方を募ってまいりますので改めてブログなどで内容をアップします。

次回以降の予定は以下のとおりです。
2/27 金曜 通常勉強会
3/1 日曜 コンサルテーション実習
3/28 土曜 通常勉強会
4/25 土曜センスアップセミナー(ヨガの予定)

会場は、青山のウィメンズプラザと 千代田区麹町区民館のいずれかです(決定次第ご案内)

できるだけ毎回参加したいです!との嬉しいお言葉をいくつもいただいています。
一緒に学ぶ仲間との出会いに心から感謝。ありがとうございます。

by.C














別窓 | ご報告 | コメント:0
∧top | under∨
| Olea Flora | NEXT