Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

第8回バッチフラワーシンポジウム2013が開催されました

10月26日(土曜日)「第8回バッチフラワーシンポジウム2013」が、東京渋谷にて行われました。台風の進路が定まらず当日の天気がどうなるか心配していましたが、当初の予想より穏やかに過ぎてくれたおかげで無事に出かけることができてよかったです。
シンポ写真4
(パネルディスカッションの光景)


今回のシンポジウムのテーマは、
「バッチフラワーが導く自分らしい生き方~シンプル・ナチュラル・セルフヘルプ~」

それぞれの方がバッチを使い続けてきたなかで気づいた「自分らしい生き方」は、本当に魅力的で、バッチフラワーレメディと出会えたことの喜びがストレートに伝わる内容ばかりでした。レメディによって苦しい時を乗り越えたことやバッチ博士の哲学に触れたことで人生にどのようなブレイクスルーが起きたのかを聞かせていただいたことで、バッチ博士が「日々の生活にレメディを取り入れなさい」といった意味(続けていくことの意義)をリアルに感じられる実に深いテーマであったと感じています。

オレアメンバーからも安井希美さんが、スピーカーの一人として登壇!
バッチフラワーを使い続けてきた中で、「魂の喜ぶ生き方って?」ということを考えるようになったこと。それによって人生にブレークスルーが起きたこと。これからも常に「魂の喜ぶこと」を考えながら日々を丁寧に生きていきたいということをお話されました。
また、より心のこもった深いラポールを築くにはどうしたらよいか、という思いから繋がった傾聴とハンドマッサージセラピストのボランティア活動についても紹介されましたが、エレガント&チャーミングなユーモアセンスが冴え渡っていて(メンバー同士のヨイショではありませんよ。ご存知の方は納得されるはず♪)内容はもちろん、希美さんの個性が最高に輝いていました。ご本人は、謙遜なさると思いますが、まさに自分らしくそこに立っておられると感じでした。

他の演者の方みなさんも、それぞれが“魂の喜ぶこと”を選び行動されてきた感動秘話だらけでしたので、会場にいらっしゃれなかった方にシェアしたいのですが、どうまとめてよいやら。眠い目をこすりながらトライしたのですが文章にすることが難しく、、、

演者の方々の人生における変容の一端に触れさせて頂いたことで、いろいろな気づきを得ることができました。これは、コンサルテーションで相談者の方からいただくものと同じです。
人と出会い何かを学び得ることができた今日に感謝です。
ありがとございました。


by.C

別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Olea Flora | NEXT