Olea Flora

「心を自分でケアする力」を楽しく学び、元気になる集い

12月のWSのご案内です

11月も半ばを過ぎ、今年もあっという間ですね。
年賀状やおせちの案内が来ると、何となく気忙しくなってします。

そしてご案内が遅くなってしまいましたが、
1年の締めくくりになる12月WSの特集レメディは「インパチェンス」。
慌ただしい年末にはぴったりのレメディです。

↓写真は今年バッチセンターに咲いていたインパチェンス
001インパチェンス     001インパチエンス

インパチェンスはバッチ博士のタイプレメディで、弟子が言う事を聴かなかったときに体に発疹が出たのですが、
インパチェンスを飲んだらそれが治まったというのは有名な話です。

インパチェンスはとても身近なレメディでもありますが、さらに奥深い部分を皆で検討してみましょう。

詳細は以下になります。

日時:12月1日(日)  10:00〜12:00
■場所:東京ウィメンズプラザ
■参加費:3000円
■持ち物:筆記用具、バッチ博士の遺産、

       持っている方は『12ヒーラーとその他のレメディ』原書

【お申し込み方法】
以下の内容をご記入の上 oleaflora@gmail.com までお申し込みください。

1.お名前
2.ご住所
3.当日連絡用の携帯番号
4.BIEPコース受講生はそのレベル

皆様のご参加をお待ちしております!

-----------------------------------------
来年のWSスケジュール 時間はいずれも14時15分~16時まで。
・1月12日(日)ヘザー・
・2月9日(日)アグリモニー

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11月WS終了しました。

晴天に恵まれた今日11月4日は2か月ぶりのオレアフローラのWSでした。

今日の特集レメディは『ウォーターバイオレット』。

IMG_6774.jpg

湿地帯に生えているウォーターバイオレットは日本では自生せず、観賞用の水草として輸入されているそうです。

わかりにくいかもしれませんが、バッチセンターにウェーターバイオレットの池があります。
025ウォーターバイオレットの池かも

湿地帯に咲いている植物には近づきがたいですよね。
それと同じように、ネガティブな状態の時には近づきにくいので孤立化してしまう。
他人が自分の人生に干渉するのを許せないと感じる、とんな時に役に立つレメディです。

今日は参加者の中にウォーターバイオレットタイプの人が複数いらしたので
よりリアルなディスカッションでウォーターバイオレットについて考察しました。

・他人に自分の気持ちを見せないようにする部分はアグリモニーと同じようだが、どこが違うのか?
ウォーターバイオレットの人がウィローやビーチを必要とするのはどうおいう経緯からか?
・他人の影響を受けやすい時に必要なウォルナットと、自分は自分と人と距離をおいているウォーターバイオレットが両方必要な場合はどんな時か?など、他のレメディとの比較や組み合わせについても考えてみました。

またいくつかのケースを読んでいただきましたが、その中に2002年にバッチホリスティック研究会から発行されてた『ホリスティックライフ』の中にあった、かつてノラ・ウィークスが飼っていたウォーターバイオレットタイプの黒猫、「ウンプ」の話も紹介しました。
人と距離をおきながらも、ちょっとした愛情を示されることを喜んでいたという、ウンプの様子がまさしくウォーターバイオレットでわかりやすかったとのこと。
そして、センターの中にあるアスペンの木陰で眠ることをこよなく愛していたウンプは、亡くなった時にはアスペンの木の下に埋められたそうです。

IMG_5987.jpg    002アスペン  ←アスペンの木

またウォーターバイオレットの説明にある、巧に人を導くということは人に関心を持つということになるので、ウォーターバイオレットが本来の自分の良さを発揮するには、自分のステージを上げることが必要なのではないか、など、レメディを考察していると、やはり人間としての魂レベルの話につながってくるのは、興味深いです。

IMG_6777.jpg  IMG_6772.jpg  IMG_6773.jpg


※今後のオレアフローラのスケジュール
    12月1日(日) 10時~   インパチェンス
    1月12日(日)1時15分~ ヘザー
    2月9日(日)  1時15分~ アグリモニー

       会場はいずれも東京ウィメンズプラザになります

皆様のご参加をお待ちしております!




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11月WSの特集は「ウォーターバイオレット」

肌寒い日が増えてきましたね。

hot-tea.jpg


さて、年内のワークショップもあと2回!
暖かい食べ物が恋しい季節。
集まってワイワイお勉強しながら
心も温めましょう (^ ^)


11月は「ウォーターバイオレット」

water-violet02.jpg


カテゴリー別に進めてきた勉強ですが、
ここから「淋しさ」のグループに入ります。


■植物の特徴からわかること
■関連書籍からの引用
■参加者の体験談
■似たレメディとの比較
■ケーススタディ


一つのレメディをじっくり学びます。

自分にとって馴染みの薄いレメディでも
いろんな角度からの学びによって、
距離が縮まっていきますよ。



その他、なんでもOKの質問コーナーもあります。

特集レメディのこと以外のことでもOK。
基本的なことから
コンサルテーションで感じた疑問や
ディスカッションしてみたいことなど。

参加者どうしてワイワイやりましょう。



一回ごとに完結するワークショップですので

勉強を始めたばかりのあなたも

久しぶりにバッチを使いたいあなたも

ぜひ、気軽に参加してくださいね。





以下、詳細です。

日時:2019年11月4日(月) 13:15~16:00
場所:東京ウィメンズプラザ  第二会議室B
参加費:3000円(当日現金にてお支払い)
参加資格:バッチフラワーの基礎的な知識のある方


◆申し込み方法◆
以下の内容をご記入の上メールにてお申し込みください。
1、お名前
2、ご住所
3、当日の連絡先番号
4、BIEP受講生はそのレベルをご記入の上

 oleaflora@gmail.comまで。

ご参加お待ちしております!

別窓 | スケジュール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2019年バッチフラワーシンポジウム報告

2019年10月20日(日) 第14回になる
バッチフラワーシンポジウムが開催されました。

今年のテーマは
「世界に見る自然療法の今」


まず、
一般社団法人バッチホリスティック研究会代表理事
林サオダ先生から
バッチフラワーを取り巻く状況と展望についての
お話がありました。


メンタルストレスを感じる人が増え続け
国民皆保険制度の限界がニュースとなる今。


癒されたい気持ち、自然を求める気持ちの高まりや
いわゆる薬ではない方法を求める意識が、
じわじわと一般に広がっている時代でもあります。


だからこそ、
バッチフラワーレメディがもっと広まって欲しい!
そう感じている人使用経験者はたくさんいます。


すると、ここで必ず出てくる課題が、

エビデンス VS 経験値


信じるか信じないかはあなた次第です。。。
という都市伝説のような曖昧さが
バッチフラワーレメディを伝える中にもあり
特に行政や企業など公的な場での広がりへの
ハードルとなっているのが現状です。




今回のシンポジウムは、
そのハードルを認めながらどうやって伝えていくのかの
ヒントがたくさん詰まったお話が続きました。


IMG_6651.jpg


ルーマニア出身の医学博士である
ミハエラ・シェルブレア先生いわく。


---------------------------------------
エビデンスがあるものでも
それを自分の生活に取り入れない人もいる。
また、どうしてそうなるのかを知らないものでも
昔からの言い伝えで当たり前に使っているものもある。
---------------------------------------


確かにそうですね。
やはり個人の価値観ですよね。


私たちにできることは、

バッチフラワーレメディの存在を
自分の経験を通して伝えていくこと。


あとは、それを聞いた人が、
自然からの贈り物をその人の可能な範囲で
暮らしに取り入れたらいいのですから。



ミハエラ先生のお話で印象に残ったのは、
お休み(バカンス)に関することでした。


日本では10連休もあったら
一体何しましょう?? と、悩んじゃう人が多いかも
しれませんけど(苦笑)


ヨーロッパでは、3週間のバカンスは当たり前。
それはただ遊びたいから!といった理由ではなく
心身の健康を取り戻すため。

「3週間」という期間が必要なことは常識なのに
日本で知られていないのはなぜ???


また、日本にはあちこちに良い温泉もたくさんあるし、
古くから湯治というものはあるけど、
温泉療法の専門医はとても少ない。
せっかく温泉に行っても
一泊二食付きで暴飲暴食はモッタイナイ!

・・・って(笑)


また、先生は
自然と触れ合う、自然のリズムで暮らす。
食事や衣服などに自然な素材を多く取り入れる。
睡眠の大切さを強く話されていました。

「自然欠乏症候群」という言葉はご存知ですか?
↓参考記事↓
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Doctorsme_6442/pid_3.html


こういったことを知ることがとても大事。
そしてどう暮らしたいのか。
どう生きていきたいのかの価値観を
一人一人がしっかり持つことがとても大事。

子供を育てる立場にある人に、もっと知識を伝えたい!
熱い気持ちをお持ちの先生でした。



お話の中でちらっと紹介された塩の鉱山。

ルーマニアにある「サリーナ・トゥルダ」(Salina Turda)
という場所は、岩塩の廃鉱を遊園地にした場所。

ここに「ハロセラピー」の治療施設もあるそうです。
↓参考記事↓
https://www.excite.co.jp/news/article/Tabizine_214511/?p=2



そして、今回も
2名のバッチ財団登録プラクティショナーの方が
ご自身の活動をシェアしてくださいました。


一人は、ベビーマッサージを通して
ママたちにバッチフラワーの存在を伝えている
こまつあさこさん。

IMG_6650.jpg


ご自身が、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てという
ライフステージの変化の中で経験したことや
バッチフラワーとの出会いを自然体の言葉で伝えてくださいました。


家族の中心的な存在であるママたちが
その人らしくいれますように・・・と、
ベビーマッサージを行いながら折に触れ
バッチフラワーの存在を少しずつお知らせしているそうです。


使ってもらうことを急がず、
子育てしているママたちがバッチフラワーの
「存在を知っておくこと」を優先しているのが素敵だなと思いました。


実際、後になって「そういえば・・・」と
バッチのことを尋ねて相談が始まることもあるそうです。
そのママが自分にとっての必要性を感じる「その時」を
待つこともとても暖かい関係性ですね。


こまつあさこさんのHPはこちら↓
ひめ風堂




そしてもう一人は、
キャリアコンサルタントとして企業の人事系部署で
メンタルヘルスにも携わっておられる方。

一般企業にお勤めされているので、お顔はシークレット。
(お名前も念のため伏せます)



企業における働く環境の変化の実情を
グラフなどを交えながら教えてくださいました。


コンプライアンス、ワークライフバランス、
ハラスメント、ダイバーシティ、女性の活躍、
働き方改革・・・


そこで働く人も経営側もいろんなことに
気をつかっていかなくてはならない。。。
(良い環境を整えるためにストレスを抱えちゃいそう!)


企業にお勤めの方は、業務の量や質に関する
ストレスが一番多いそうですが、日々のストレスケアを
自分なりに持っておくことは本当に大事ですよね。


企業内でもメンタルヘルスに力を入れることは、
働いている人にとっては当然ですが
就活生とその家族への高いアピールポイントにもなる。


だから、ぜひ社内にもバッチフラワーを!
・・と思いますが、企業に導入となると
社内認証のハードルがあるわけで、
ここでもエビデンスの話になりました。


でも、
キャリアカウンセラーのお仲間にバッチを紹介して
好感触を得たということですし

社内イベントでならいけるかも?
というお話をされていたので、少しずつでも
バッチフラワーを知ってもらえる機会が増えると良いですよね。


IMG_6475.jpg



今回のシンポジウムでは、

健康のために何をどう使うのかといった
生き方の価値観も含め
自分に合った方法の知識を得ておくことが
とても重要になるということが、
共通して語られていたように思います。


林サオダ先生が、紹介してくださった
---------------------------------
自分の感情に気づいて
それを適切に、十分に表現することで
もう必要のないエネルギーをリリースする。
----------------------------------

これは、
医療に関するお話(アメリカの)でしたが、
バッチフラワーのプロセスそのものです。



バッチフラワーは、
レメディを通して自然を取り入れ
自分本来の自然なリスム(波)を取り戻し
健康に過ごすために役立ちます。


すぐにバッチフラワーを使わないとしても
こういった考え方をじわじわ広めていきましょう(^ ^)




素敵なお話を聞かせてくださったスピーカーの皆様
本当にありがとうございました。



by.c
別窓 | ご報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

『バッチフラワーシンポジウム2019』のお知らせ

毎年開催際される、
バッチホリスティック研究会主催の『バッチフラワーシンポジウム2019』が今年も開催されます!!

IMG_6475.jpg  IMG_6476.jpg

今年のテーマは
「世界に見る自然療法の今」
世界中で関心が高まっている自然療法ですが、その一つでもあるバッチフラワーについて改めて考えてみます。

メインスピーカーは、ルーマニア出身の医学博士、ミハエラ・シェルブレア博士。
そしてバッチホリスティック研究会コーディネーターの林サオダ先生、
オレアWSにも以前ご参加頂いたプラクティショナーのこまつあさこさん,
同じくプラクティショナーでキャリアコンサルタントの伊宝田 美紀子さんの4名の方が登壇します。

それぞれの現場でのバッチレメディの実践の様子を聞くことができる貴重なチャンスですので皆さまも一緒に参加しませんか。
オレアメンバーの二人も当日は会場にいますのでお会いできるのを楽しみにしています♪

詳細は以下になります。

【バッチフラワーシンポジウム2019】
・日時:10月20日(日) 13:00~17:00(開場 12:30~)
・場所:アットビジネスセンター 渋谷東口駅前 503号室  渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル 5階
・参加費:BFRP、BIEP受講生¥3.500、一般、当日券¥4.000


お申込みはこちらからお願いします。


BY  S.S.
           



『バッチフラワーシンポジウム2019』のお知らせ…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

9月のWSとイベント『イギリス研修旅行レポート』終了しました②

午後はイベント『イギリス研修レポート~バッチ博士の足跡を訪ねて~』を開催しました。
今年7月に行われたバッチホリスティック研究会主催のイギリス研修ツアーの話を中心に、バッチ博士が頻繁に訪れていたクローマーやウェールズの美しい風景の写真をご紹介しバッチ博士の旅を一緒に楽しんでいただく会です。

思いがけず今回の研修に参加した方もいらして下さり懐かしい再会もあり嬉しかったです。

006.jpg  IMG_5204.jpg  001インパチエンス

見終わった後の感想として、
バッチセンターに咲いている植物を見て、思ったよりも少ないことにびっくりしたとの声も。
個人のお庭のようなガーデンなので初めて行くとちょっと驚きますが、
時間が止まったようなバッチセンターはとても居心地の良い場所です。
穏やかな空気が流れ、バッチ博士が今でもそこにいらっしゃるよう。
また建物の中には新しくミュージアムもでき、
バッチ博士が使っていた道具や自筆のラベルの付いた当時の母液の入りボトルなどもあるので、時間をとってゆっくり見学できるとよいですね。
またこの研修ツアーでは普通ではなかなか行けない、バッチレメディを作っているネルソン社の工場見学もあったので、その様子なども少しお話しさせて頂きました。

左下の写真はクローマー桟橋、右はウェールズのアスク川。
バッチ博士がレメディを探しに訪れていた場所で、博士が見た景色を見て、そこで実際にバッチフラワーの植物を見つけたときは皆で感動!その感動が少しでも伝わったでしょうか・・

クローマー桟橋  21-3.jpg

そして昨日、9月24日はバッチ博士の生誕133年目のお誕生日でした。

バッチセンターのジュディハワードさんの話では、身なりをかまわないバッチ博士に、ノラウィークスさんが白いワイシャツを着て髪も整えて写真をとるように言ったとのこと。ノラさんのアドバイスがなかったら私たちが目にする博士の写真は全く違うものになったかもしれませんね。

バッチホリスティック研究会主催の研修旅行は2年に一度開催される予定ですので、
ぜひ一度参加されると、バッチレメディが身近になり、またバッチ仲間との交流もでき
とても良い時間になると思います。

連休の中日でありながら、ご参加頂いた皆様有難うございました!

20190922170436f3d.jpeg  201909221705111d2.jpeg  IMG_6465.jpg

20190922170524697.jpeg  IMG_6464.jpg 
ティータイムのクリックホーウェルのジンジャークッキー↑美味しかったです!

BY S.S

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

9月のWSとイベント『イギリス研修旅行レポート』終了しました①

2010年7月に始めたバッチフレンドリーグループ、オレアフローラは、今月から10年目に入りました!!
振り返ればいろいろな思い出が沢山!!そしてあっという間に過ぎた9年間でした。
当初はバッチ財団認定講師4名で始めたオレアフローラも現在主宰は二人。
今やっている一つのレメディを取り上げる特集レメディも、まだ20種類残っているので、
少なくとも2年間はまだまだ頑張って続けていきますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

さて10年目に入った最初のWSは会場が取れた関係で午前、午後両方バッチ三昧という盛沢山の一日となりました。

午前はWS、「チェストナットバッド」特集でした。
IMG_6467.jpg 
ホワイトチェストナットの新芽の部分を使ったチェストナットバッドは、
過去の経験から学べない、同じ過ちを繰り返してしまう人のためのものです。

植物としての説明の中で、面白いなと思ったのは、
チェストナットバッドの英名がCommon Horse chestnut で、
そのせいなのか、このレメディの説明には馬に関連したものが多いとのこと。
枝の切り口は馬の蹄の形をしているそうです。

また同じ過ちを繰り返してしまう時に使うチェストナットバッドは
日常の行動面だけでなく、その人の人生のあり方を見直す機会にも使えるのではないか、
魂の成長のために必要なレメディかもしれない、
あの硬い蕾はその人の可能性が覆い隠されていて
それに気づかせてくれる、開花させてくれるレメディという話も出ました。

また何でもQ&Aでは、
1.新しいことについて説明を受けている時に、その人のことが気になって話を集中してきくことができない。
2.そこに留まることができない時、早く次の段階に行きたい、持続させることができない、一つのことを終わらせることなく次に進みたくなる。というような場合にはどのようなレメディが必要か?
3.ロックウォーターは太陽法で製造するが、それはなぜか>
4.クライアントさんに、必要なレメディの滴数が示されているのに、グミやクリームなどはどうして作用するのか、と聞かれた場合の説明の仕方

参加者の人のチェストナットバッド体験談なども交え、午前の部は終了しました。

ご参加いただいた皆様、有難うございました!!

※今後の予定
10月はオレアフローラはWSはお休み
10月20日(日)バッチフラワーシンポジウム
11月4日午前中 オレアフローラWS
12月1日オレアフローラWS

オレアフローラは学びの場でもありますが、同じバッチ仲間との交流の場でもあります。
皆さまのご参加をお待ちしております♪♪

By S,S
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

9月【WSとイベントで1日バッチづけ】

暑い夏の日が続きますね。
みなさん、お元気にお過ごしですか?

thLB9VJBVQ.jpg


オレアフローラは、毎年8月は夏休みです。
その代わりにと言ってはなんですが、

9月は、
午前に通常のワークショップ(WS)
午後にイベントをやりま〜す。

1日丸ごとバッチDayとして
ワイワイ!バッチの話で盛り上がりましょう。



イベントは、
7月に行われたバッチホリスティック研究会主催の
イギリスへの研修旅行の体験をシェアする会です。

FB_IMG_1471064716812.jpg


オレアフローラメンバーのさくまさちこさんが、

バッチセンターの様子はもちろんのこと
バッチ博士ゆかりの土地を旅して得てきたものを
リポートしてくれます。


旅行中はお天気に恵まれ写真もいっぱい!
美しいイギリスの風景や
バッチ博士の足跡をたどることで


バッチフラワーレメディの源流を再確認できる
とても貴重なチャンスです。

お誘い合わせの上、ぜひご参加くださいね



午前中のWSでは、
「チェストナットバッド」を特集して学びます。

IMG_7229.jpg


・何度も似たミスをしてしまう
・学びとることに時間がかかる
・教訓をうまく生かしきれない
・自分には失敗パターンがあるように感じる


このようなことに思い当たる方には、
ぜひ試してほしいレメディ。


・植物の形態や育ち方の特徴
・ケーススタディ
・参加者の体験談

といった色んな角度からレメディの理解を
深め広げていきます。


そして、自分とこのレメディを照らして
はっ!!!と気づくこともあるでしょう。。。




以下、9月ご案内の詳細です。
-----------------------------
2019年9月22日(日)

10:00〜12:00 ワークショップ

内容: 特集は「チェストナットバッド」

参加費:3000円(お茶代込み)


13:30〜16:00 イベント

内容:イギリス研修レポート
    〜バッチ博士の足跡を訪ねて〜

参加費:3000円(お茶会代込み)


WSとイベントは、別々にお申し込み可能です。
お支払いは、当日受付にて現金でお願いします。


場所は、いずれも
東京ウィメンズプラザ  第一会議室Aです。




◆申し込み方法◆
メールにてお申し込みください。

タイトルを「9月申し込み」として

ワークショップ、イベントのどちらか
または両方の参加希望を明記し


1、お名前
2、ご住所
3、当日の連絡先番号
4、BIEP受講生はそのレベル

以上をご記入の上
oleaflora@gmail.comまで。


ご参加お待ちしています(^ ^) 

☆---☆---☆---☆---☆---☆
9月以降のWS予定

11月10日(日)13:15〜16:00
「ウォーターバイオレット」

10月のWSは、お休みです。
☆---☆---☆---☆---☆---☆
別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Olea Flora | NEXT